看護師2年目 クリニックへ転職

看護師転職

看護師2年目 クリニックへ転職できる?

投稿日:

看護師2年目 クリニックへ転職したい

看護師2年目。悩みに悩み、転職をしようと考えてるけれど、転職先にクリニックを選ぶことって出来るの?

急性期病棟での仕事に身も心も追い込まれてしまって・・・夜勤無しのクリニックで働きたい、など転職理由もあるはずです。

2年目の看護師としてクリニックへ転職することも可能です。
そしてクリニックへの転職を成功させるには職場の詳しい情報を得て、採用される可能性のある職場の求人へ応募することが重要となります。

看護師2年目 クリニックへの転職

看護師2年目でクリニックへ転職することは可能です。

しかし、クリニックが楽そうだから・・・といった気持ちで転職をすると、すぐに辞めたくなってしまう可能性があります。

2年目という経験が浅い状況でクリニックへ転職し、働くことの看護師のメリット・デメリットを理解した上で転職を希望されることが大切といえます。

看護師2年目、クリニックへ転職する際に注意したいポイントもいくつかあります。

これからクリニックへの転職を目指す、という場合にはぜひ看護師求人をお探しになる際に注意して情報収集をしてみて頂きたいポイントです。

ちなみに、こうしたポイントに関しては、後ほどご紹介する看護師紹介会社を利用してしっかりと事前に情報収集をすることが可能です。

第二新卒看護師の転職支援に実績を持つ看護師紹介会社も多いので、ぜひクリニックへ転職を目指す際にもご活用になってみてください。

経験が浅い看護師がクリニックへ転職する際の注意点

看護師2年目など、経験が浅いナースがクリニックへの転職を目指す場合の注意点についてみていきましょう。

未経験者歓迎、第二新卒看護師のクリニックを探す

クリニックからの看護師求人の中には、未経験者歓迎の求人もあります。

自分は即戦力になれる!という自信がある2年目の看護師さんはほぼいないと思いますし、クリニック勤務は当然初めて、となるでしょうから未経験者歓迎でまずは探すことが大前提です。

その上で、

  • 新卒看護師歓迎
  • 第二新卒看護師歓迎

といったことで看護師の求人を掲載しているクリニックをお探しになるとなお良いですね。

教育体制の整ったクリニックを選ぶ

クリニックとはいっても本当に様々です。

基本的には、人数がギリギリのクリニックも多く即戦力が求められ、教育体制は特にない医院・クリニックが多いですが先ほどもあったような、

  • 新卒看護師歓迎
  • 第二新卒看護師歓迎

といった募集を行っているクリニックの場合には経験の浅い看護師をトレーニング、教育するための教育体制、中にはプリセプター(ほどではなくても指導してくれる先輩看護師)が付いて教育するところもあります。

クリニックといっても規模が大きなところ、(経験豊富な)看護師が充実しているところなど色々とあります。

ただし、

どういった教育体制、勉強会があるのか

求人へ応募する前にしっかりと情報収集することが大切ですね。

看護師の応募を集めるために、本当はOJTのみなのに教育体制が充実しているように書かれている可能性もあります。

また新卒歓迎などの記載があれば、過去に新卒、第二新卒の看護師を採用した実績があるか。
その看護師は離職せずに活躍しているのか、といったことも確認されることをオススメします。

残業の少ないクリニックを選ぶ

もしクリニックに転職を希望されるのであれば、残業が少ない働き方ができるクリニックを選ぶことも重要といえます。

特に急性期病棟などで残業が多く、休日も仕事で潰れるような働き方をしてきた看護師さんの場合、激務で体調を崩して退職を決めた・・・といった方もいるのではないでしょうか。

クリニックでも残業が多く、忙しいところもあります。

予約制のクリニックも残業が少なくオススメです。
仕事が終わる時間の予想も立てやすいですね。

ただし、経験が浅い2年目での転職ということで、

「教育体制のある、学ぶことが出来る職場」

を希望されている看護師さんも多いと思います。

看護師としての今後のキャリア、働き方を考えた場合には、先に教育体制がある職場であることを優先はされた方が良いかもしれません。

転職先の希望について、優先順位をあらかじめ考えておくことが大切となりますね。

看護師の人数がギリギリでは無いクリニックを選ぶ

看護師2年目として、まだまだ指導してもらいたいことも多いでしょう。

看護師の人数がギリギリのクリニックに転職してしまうと、1人看護師の時間帯が多くなってしまったりといった可能性があります。

場合によっては忙しい時間帯だけ2名体制で、他の時間帯は1人看護師というシフトになることも。

クリニックで転職先を探す場合、看護師経験が浅い場合にはできるだけ2名体制以上で働けるクリニックを選ばれた方が良いといえるでしょう。

医療処置が少ないクリニック

クリニックの中には、医療処置が少ないクリニックもあります。

診療科によっては採血もほぼ無いなど働き方にも特徴が出ます。

業務にあまり急かされたくない、焦りを感じる働き方をしたくない、といった場合には医療処置の少ない職場を選ぶのも方法です。

今後、そうした手技などが必要ない働き方をしていく場合には、特に問題となることもないと思います。

逆に、もしかすると病院でまた働きたくなるかも・・・といったことも考えにある場合には、クリニックの勤務自体がブランク期間となりますし、スキルも身に付きにくいことから転職先としては避けた方が良いかもしれません。

なぜ、2年目なのにクリニックへ転職したいのか(転職理由)

転職活動を実際に始める前に、

  • どうして転職したいのか
  • なぜ、クリニックへ転職したいのか

といったことを明確にすることが大切です。

転職がしやすい職業、と言われる看護師ですが、再び転職を短期間で繰り返さないためにも転職理由を明確にして、退職したいと思った悩みなどが解消されなければなりませんね。

20代で転職回数が4回、5回といったことになると、やはり転職回数は多いといえるでしょう。

2年目、多くの看護師さんが転職理由とするものには、次のような転職理由が挙げられます。

  • 人間関係
  • 同僚との差(自分だけプリセプターが引き続きついている)
  • 業務量の多さ
  • 激務による体調不良
  • 他にやりたい分野が見つかった
  • 仕事量と比較し、給料が安いという不満
  • 新人看護師のフォローが負担

など、新人看護師だった頃とは違い、後輩のフォロー、業務の拡大による負担増といったことも転職理由になる方も多いのではないでしょうか。

1つだけが退職、転職の理由となることは少なく、複数の理由から転職を決断されることが多いのではと思います。

退職したい、転職したいという気持ちがどういった理由からくるのか、複数ある場合でもしっかりと書き出して、明確にされておくことが大切といえます。

看護師がクリニックへ転職するメリット

クリニックの看護師として転職するメリットについてまず見ていきましょう。

夜勤無し、日勤のみ

有床クリニックで夜勤ありの働き方となる職場もありますが、求人数としては少ないです。

多くのクリニックでは、夜勤無し、日勤のみ勤務が出来ます。

病棟看護師のような夜勤あり不規則な働き方はしませんので、生活リズムも一定で体調管理もしやすいでしょう。

勤務時間にもよりますが、残業が少ないクリニックで働くことが出来れば家庭や子育てとも両立しやすいメリットは大きいといえます。

中抜けOKのクリニックもありますから、昼食は家で食べ、少し仮眠をしてからまた午後診療に備えるといったことも可能です。

具体的なクリニックでの働き方についても、看護師紹介会社を介して事前に確認することが出来ます。

人間関係が楽、働きやすい可能性が高い

クリニックは病院と比べると非常に少人数で働くことになります。

人間関係が良い職場で働くことが出来れば、とても働きやすいです。
(逆をいうと、人間関係が合わないと全く逃げ場が無い分、毎日の仕事が辛いといったことにもなるのですが・・・)

それだけに事前の情報収集が大切です。

面接での職場の雰囲気についても質問されると良いでしょう。

急変のプレッシャーが少ない

クリニックに診察に訪れる方は、基本的には重篤な患者さんはほぼいません。
ですから急変のおそれが少なく、精神的には楽に働ける職場といえますね。

同時に緊急対応もありません。

クリニックは突発的な対応に焦ってミスを連発してしまう・・・といった経験を持つ看護師さんも、安心して働きやすいのではないでしょうか。

急変でバタバタと終わりの見えない残業に突入することもありませんから、そういった意味でも精神的には楽な職場といえそうです。

看護師がクリニックへ転職するデメリット

反対に、クリニックに転職することのでデメリットについて見ていきましょう。

人数が病院ほど多くない、ギリギリのクリニックも

クリニックにもよりますが、人数は基本的には病院ほど多くありません。
本当にギリギリの看護師数でシフトを回しているクリニックもあり、一人が突然休みを取ると業務が回らなくなることも。

人数がギリギリだと、有休取得も難しくなるでしょう。

転職をお考えになる際には人数、勤務体制、有休取得率なども合わせて確認されると良いのではないでしょうか。

福利厚生、待遇が充実していない

クリニックによっては、院長や経営者の考え方にもよりますが従業員の福利厚生、待遇、各種手当てが充実していないケースもあります。

人数が少ないクリニックの場合、厚生年金ではなく国民年金の可能性もあります。
社会保険の負担は経営者にとっては大きいです。

退職金は義務ではありません。
気になる方は、転職前に退職金の有無、制度についてもお問い合わせになることをオススメします。

業務内容が広範囲

規模の大きな総合病院、大学病院などだと看護師は看護師の仕事だけに専念出来ましたが、人数が少ないクリニックでは雑務も含めて仕事範囲となります。

場合によっては、クリニック、電話対応、備品管理、掃除・・・。

全て、自分達で行う必要があるクリニックがほとんどです。

そうしたことから思った以上に忙しいと感じるといえます。

急に休みが取れない

先ほどもあった「クリニックは人数が少ない」といったことにも関連しますが、ギリギリの人数がでシフトを回すことが多いため、休みは急に取りにくいです。

場合によっては有休取得も難しいこともあります。

自分が休む分、誰かに出てもらわないといけませんが代わりにシフトに入れるナースがいない場合、休むのが難しくなります。

無理に休むことはできる、と言った場合でもその後の人間関係を考えると諦めざるを得ないこともあるでしょう。

人間関係が近い分、難しさのある問題かもしれません。

そのため、突発的に子供の病気で休みが必要になるようなママさんナースは、クリニック勤務は向かない、とよく言われますね。

ただしクリニックの体制によります。

有休取得率が高いクリニックもありますし、ママさんナースが働きやすいように看護師を多めにパートも含めて採用しているクリニックもあります。

情報収集をしっかり行って、働きやすい職場を見つけることが重要となります。

繁忙期のある診療科は、残業が予想以上になることも

診療科の中でも、繁忙期があるクリニックは忙しい時期は連日残業が長くなる可能性があります。

花粉症、インフルエンザ、風邪などは例年流行する時期がありますが、こうした症状に対応する診療科、内科、耳鼻咽喉科クリニックなどに勤務する場合、繁忙期は思わぬ残業が発生する日もあります。

看護師2年目の転職、注意すべきは今後のキャリア

看護師2年目、普通に考えると即戦力が求められるクリニックへの転職は難しいことも多いです。

しかし、実際には2年目であってもクリニックへ転職している看護師さんはいますし、新卒でクリニックへ就職といった看護師さんも。

今後の看護師としてのキャリアを考えて、クリニックでずっと働いてくということであれば病院で身に付ける技術、スキル、知識は必須ではなくなってきます。

地域に根ざすクリニックでそうした働き方を続けて行く、という選択肢ももちろんありでしょう。

夜勤無し、日勤のみ。
無床クリニックも多く、残業少なめ、家庭と両立がしやすいなどメリットも多いクリニックでのお仕事。

転職を希望される場合、良い職場があるかどうかを知りたいといった場合には、

⇒ 第二新卒看護師の求人に強い、おすすめ看護師転職サイト

でご紹介しているような、2年目の看護師さん向け求人も多く掲載している看護師転職サイトの活用がオススメです。

1年目、2年目の看護師さんからの応募もOKなクリニックからの求人、面接対策のサポートなども受けられますから、転職成功の可能性を高めることが出来ますよ。

-看護師転職
-,

Copyright© 看護師2年目 転職できる?転職成功のポイント , 2019 All Rights Reserved.