看護師2年目、辞めたい

看護師転職

2年目で看護師を辞めると何が不利になる?

投稿日:

2年目で看護師を辞めるのは不利?

看護師2年目、辞めたくなる人が多くなる時期と言われます。
「今の仕事、辞めたい・・・」転職したい理由は看護師さんそれぞれで異なりますが、やはり多いのは仕事上の悩み、人間関係。
看護師1年目をなんとか乗り切って、2年目になり、さらに増える業務量、重くなる責任、さらには後輩の指導も入ってくることへのプレッシャーなど2年目の看護師は大変です。
看護師2年目で転職することは可能です。しかし、不利になる面もあります。
どういった点が看護師2年目での転職では不利になるかを見ていきたいと思います。

看護師2年目、退職・転職は不利?

ご存じのように看護師は慢性的に不足しています。

そのため2年目の看護師であっても採用したい、という病院は多数あります。

第二新卒看護師を歓迎する病院、経験の浅い看護師からの応募を歓迎する求人も実際、多く見つけることが出来ます。

しかし転職においては不利な面も多いです。

看護師2年目で退職し、転職することはどういった点が不利になるのでしょうか?

給与交渉が不利になる

今の勤務先での年収にもよりますが、看護師は転職によって年収アップを狙いやすいです。

しかし、それも経験があってこそ。

2年目の看護師はまだまだ新卒看護師に近いという考え方をされることも多いため、給与面では転職においては不利になることが多いと言われます。

まだまだ教育が必要で即戦力ではない、という判断がされることも多く給与交渉をしても規定の給与で決まってしまうことが多いようです。

看護師3年目以上、即戦力での勤務が可能な場合だと交渉によって給与アップする余地があるため年収アップを狙えるケースも増えてくると言われます。

看護師としての忙しさに比べて給与が低い・・・と感じている方も多いのではないでしょうか?

転職であわよくば年収アップを・・・給与交渉をエージェントに依頼して、と思ってみても、あまり年収アップに成功出来るケースは少なくなってしまいます。

ただし、今の給与が低めの場合には基本給が高い病院などへ転職すれば、年収アップは可能となります。

長く勤務出来る看護師なのか、不安視される

看護師2年目で転職するのは、やはり「時期的に早い」と感じる人事担当者、面接官は多いといえます。

そのため臨床経験の浅い状況での転職は、長く働ける看護師なのかどうかを厳しく見られることが多いです。

そのため、転職理由をしっかりと説明出来ることが必要不可欠となります。
転職理由も環境や人間関係のせいにするのではなく、ポジティブなものにし、積極的に業務に取り組み長く働けることをアピールすることが必要です。

「辛いことがあったら辞めやすい人では?」

と思われないように、転職理由への質問以外の時も受け答えの内容に気をつける必要があります。

希望の部署へ配属されにくい

2年目の看護師はまだまだ経験不足。

夜勤が辛いので外来で働きたい、日勤のみ勤務にして欲しい、夜勤回数少なめで働きたい、色々とあるかもしれませんが希望の条件で採用してもらうのはまだ難しいケースが多くなります。

まだ経験の浅い2年目の看護師が経験を積むためには病棟、夜勤は必須、ということで転職先の病院の新人看護師と同じような働き方となることが多くなると言えます。

希望の条件で採用されやすくなるのは、やはり即戦力といえるような経験を積んでからといえるでしょう。

看護師自体を辞めたい場合

もしかすると、2年目の看護師さんの中には、

「看護師の仕事自体が向いていないと思っていて・・・」

看護師自体を辞めたいとお考えになっている方もいるかもしれません。

事務職への転職はどうかな?女性プログラマーも増えているみたいだし、転職の可能性はどうだろう?

看護師以外の仕事に転職をしても、仕事をする以上悩みは付きものです。
楽な仕事、悩みを抱えなくて済む仕事はそうあるものでは無いと言えます。

看護師以外の仕事に転職した場合、全くの未経験から転職を目指すことになるため非常に不利になります。

看護師資格を取得していることを優遇してくれる職種への転職であれば、別ですが全くの異業種転職は意外と難しいケースが多いのです。

こんな看護師になりたい、といった目標があって看護師資格を取得されたことと思います。

職場(病院)を変えてみるのも有効な方法です。

職場が変われば人間関係も変わりますし、忙しさも変わります。
看護師2年目で感じた悩みが解消される可能性もあります。

看護師資格も簡単に取得出来た訳ではないですから、もう少し看護師として働きやすい職場を探して仕事を続けてみる、という選択肢もお考えになってみてはと思います。

一人で考えていると、どうしてもネガティブな思考に陥りがちです。

出来れば身近に仕事についての相談相手が作れると良いですね。

なかなか身近に相談相手が作れない・・・といった場合には、転職エージェントに相談してみるのも良いと思います。

看護師 転職エージェントの活用法

悩みがある以上、そしてそれを解消するのが難しい場合には転職するのは有効な方法です。

看護師転職エージェントは、転職支援が仕事です。
そのため、相談すると転職先を紹介してもらうことが出来ます。

そのメリットは、求人票からは分からない病院の詳しい内部情報を教えてもらうことが出来る、ということです。

今の病院で働く不満、悩みを解消できる転職先なのかどうかを、事前に判断してから転職活動をを進めることが出来ますし、今の経験であっても受け入れてもらえるのかどうか、転職後にどういった経験の積み方ができるのか、といったことも事前に確認をしてから面接を受けることも可能です。

今の病院で働く悩みを解消できる転職先を見つける手助けをしてもらうことが出来ます。

良心的なエージェントは、無理に転職を勧めてくることもありません。

判断によっては、今の病院で勤務を続けた方が良いということを勧めてくれる場合もあります。

看護師 転職エージェント

⇒ 第二新卒看護師の求人に強い、おすすめ看護師転職サイト

利用者満足度の高い看護師転職エージェントをご紹介しています。
経験の浅い看護師の受け入れを積極的に行っている病院など、情報を多く得ることが出来ます。
この悩みが解消できたら働きやすいのに・・・などあれば、相談されてみてはいかがでしょうか。

2年目で看護師を辞めたい、と思った時の選択肢

どうしても今の職場で仕事を続けるのは無理・・・辞めたい、という場合。

どういったことを選択することが出来るかというと、やはり行き着く先は「転職」ということになる看護師さんは多いでしょう。

こうした状況の場合、誰か相談出来る同僚ナースや先輩ナースがいたとしても、転職の背中を押して欲しい場合が多いのではないでしょうか。

もちろん、上司が今の状況を理解して劇的に改善が見込めるのであれば別かもしれませんが、現実的には今の状況が続くことが多いと思います。

看護師2年目、まだまだミスも多いし学びたい。
2年目になってインシデントが増えてきてしまい、自信が無くなってしまって・・・

そうした環境に加えて、人間関係などの悩みも重複してくるのであれば今の環境で頑張り続けることでさらに状況が悪くなる可能性もあります。

2年目の看護師も転職は十分に可能です。

しかし、経験が浅い状況からの転職だからこそ、次の転職先をしっかりと見極めることが重要となります。

そしてその転職に必要な情報を看護師の転職支援に特化した、転職エージェントがサポートをしてくれます。

病院、クリニック、企業からの求人なども扱っていることがあります。

転職理由を明確にし、どういった働き方を今後していきたいのか、将来のビジョンについてなど明確にする作業は必要ですね。

転職を考える場合には、転職後の働き方をしっかりとイメージすることが重要となります。

転職エージェントは看護師転職について様々な情報を持っています。

実際に転職するにしても、転職しないにしても。
今後の方向性を考えるために、一度相談をしてみるという選択肢もあります。

看護師 転職エージェント

⇒ 第二新卒看護師の求人に強い、おすすめ看護師転職サイト

利用者満足度の高い看護師転職エージェントをご紹介しています。

経験の浅い看護師の受け入れを積極的に行っている病院など、情報を多く得ることが出来ます。
求人票に書かれている情報以上に詳しい情報を得ることが可能です。
今の悩みを解消できる病院、もう一度プリセプターに付いて学びたいなどあれば、相談されてみてはいかがでしょうか。

-看護師転職
-

Copyright© 看護師2年目 転職できる?転職成功のポイント , 2019 All Rights Reserved.